目標達成に向けて行動しよう!クラウドファンディングの基礎知識|The Card Loan
HOME>トピックス>目標達成に向けて行動しよう!クラウドファンディングの基礎知識

みんなが気になるクラウドファンディングの疑問

クラウドファンディングを始める前にリスク回避方法やどんな見返りを設定すべきかなど、皆が思う疑問を解決するためQ&A形式でコンテンツをまとめているのでご覧ください。

クラウドファンディングに関する疑問を解決

ふるさと納税とクラウドファンディングは何が違うの?

クラウドファンディングの一種なのが、ふるさと納税です。正式にはクラウドファンディング型ふるさと納税と呼ばれており、このタイプの見返りは特殊な形になっている場合がほとんどです。

購入型クラウドファンディングのリターンは自由に決められる?

基本的には何でもOKですが、支援してもらうためには魅力あるリターンになるようにクラウドファンディング運営会社と相談して決めると良いでしょう。

融資型クラウドファンディングはリスクがないんですか?

いえ、全くないわけではなく、起案者が返済不可能な状態になると投資金が戻ってこなくなることもあるため、投資前に担保や保証付きであるか確認しておくと良いでしょう。

クラウドファンディング

融資型は元本と利息を返済

資金が必要な時は金融機関などを利用すると可能ですが、利率が高ければその分調達コストが上がります。資金の用途によってはあまりコストを上げたくないときもあるでしょうから、より低いコストの資金調達方法を選ぼうとするかもしれません。クラウドファンディングの種類の中で融資型と呼ばれるものがあり、銀行の融資のように投資家から資金を借ります。そして一定期間後に元本と利息の返済をします。銀行からの融資に比べると利率は低めに設定されます。

サービスの提供が見返り

プロジェクトの目的は様々ですが、モノを作ったりサービスを提供したりする時には資金が必要になります。何が提供されるかによって、作られるモノやサービスの提供を受けたい人たちがいるかもしれません。クラウドファンディングの種類として購入型があります。プロジェクトに賛同したら出資者は資金を提供します。しかし出資金の返金は求めません。その代りそのプロジェクトで作られるモノやサービスの提供が受けられます。イベントなどで利用されることが多いかもしれません。

資金調達達成か不可か

クラウドファンディングはプロジェクトに対して行われ、目標金額が設定されるときがあります。種類としては目標金額に達しないときはプロジェクトが成立せず出資金は返金されます。一方達しないときでも成立するのもあります。

広告募集中